​代表の挨拶

エムラインシステム株式会社

​代表取締役 梅屋 薫

この度はエムラインシステム株式会社HPにお越し頂き心より感謝申し上げます。

ドライバーから始まり、平成18年にエムラインシステム株式会社を設立し物流業界にお世話になってから早30年以上の月日が流れております。

お陰さまで今では70名以上の従業員、60台以上の車両を保有している組織にまで成長することが出来ました。

これも一重にエムラインを支え応援してくださる皆様・共に邁進している全職員の賜物でございます。

この場をお借りし感謝の言葉を申し上げたいと思います。

無我夢中で走り続けて見えてきたものがあります。

物流業界の流動的な人材確保や在職期間の不安定性の現状から、定年まで働き続けられるシステム・独立を望む従業員へバックアップシステムを構築していく事や各従業員が抱く夢の実現・生活の向上・社会的信用を実現していく為に、強固な組織作りこそが、これからの私の使命であると確信しました。

そう確信してから、各専門家のお力を借り、何ヶ月もの時間を費やし、

新しいエムラインが向かう居場所が明確になりました。

目的地に向かう道には、乗り越えなければならない

幾つもの障害が待ち構えています。

ですが、

​必ずやより豊かな物流企業「エムラインシステム」に辿り着く所存であります。

 

更なる進化を進めるエムラインシステムの「経営理念」「ビジョン」をこの場をお借りし宣言させて頂きます。

経営理念の見える化・経営方針の全従業員への浸透そして実行をしていくことを表明させて頂きたいと思います。

より強固な組織を作り上げていくこれからのエムラインを見守って頂けたら幸いに存じます。

経営理念 = misson

 

 

お客様から『信頼」される物流サービスの提供を通じて、

社会に貢献すると共に、企業の発展を図り、従業員の生活をより豊かにする。」

『信頼』とはどんな状況でも「エムラインにお願いすれば安心」ということ

『社会貢献』とは「エムライン」から社会への恩返し

『企業の発展』とは物流業界の一部を「エムライン」が担うこと

『従業員のより良い生活』とは従業員の幸せなくしてエムラインの成長はない。

ビジョン =  vision

2025年までにエムライングループ化を目指し、エムラインファミリーを創出する。

①5年後までに5人の幹部者の育成をいたします。

②積極的人材の育成(HD化に向けた幹部層)をいたします。

最後にお伝えしたいことがございます。

「社会貢献こそが私の働く原動力」

「利益の追求から利益の循環へ」

この言葉が私の生きる道標にもなっております。

空の景色や流れる雲・自然の美しさを目にすると、思わず写真を撮り続けていました。

感動を超える、地球という星に生かされた意味を常に問い続けてきたような気がいたします。

利益の循環先が「自然環境の保護」「環境保全」「動物の保護」に定まり、日々精進しております。

当たり前に目にする風景が、未来も当たり前の風景であり続ける為に微力ではありますが お役に立ちたいと思っております。